がん(癌)の食事 | 末期がんの緩和ケア ご家族のための「在宅緩和ケア」「食事」「自宅での医療」の知識【神奈川県川崎市幸区の在宅緩和ケアクリニック】

がん(癌)の食事 | 末期がんの緩和ケア ご家族のための「在宅緩和ケア」「食事」「自宅での医療」の知識【神奈川県川崎市幸区の在宅緩和ケアクリニック】

「がん(癌)の食事」の記事一覧

貧血があるときの食事(ヘモグロビンの減少 鉄欠乏性貧血)

貧血は酸素供給能力の低下を招き、持久力やスタミナ不足を招きます。 顔が青白い、疲労感やだるさがある、手足が冷た・・・

免疫力を上げる食事

体の免疫力の約7割は腸が支えているとされています。そこで、 腸の調子を良くすることで免疫力をアップさせることが・・・

闘病のストレスをやわらげる食事

痛み、食事が思うように食べられない、体が思うように動かないなど、 がん治療中はいろいろなストレスがかかるため、・・・

水分補給の工夫

水は身体の組成の重要な成分で、成人であれば体重の約60%を占めています。 これは生命を維持するために欠かせない・・・

消化のよい食べ物悪い食べ物

食べたものは消化吸収のために胃に送られます。胃は消化のために活発に動きますが、 消化にかかる時間が長ければ胃に・・・

歯の治療中や入れ歯で食べると痛いときの食事

がん闘病中に虫歯になったときは、すぐに主治医に相談し、治療を受けて下さい。 特に白血球の数が減少しているときは・・・

口が開けられないときの工夫

口内炎がひどくなったなどの理由で、充分に口が開かない、噛みにくいときがあります。こういうときは、まず、 口が開・・・

血管を丈夫にして守る食事

若々しい血管は新しいゴムホースのようで、なかもしっかりと空洞でしなやかです。一方 弱っている血管は、古くてくた・・・

虚弱を防ぐ食事

抗がん剤や放射線治療を受けると、休薬期間であっても副作用で食欲不振に陥りがちです。また、心理的にも落ち込み傾向・・・

家庭の料理をおいしく流動食や刻み食にする工夫

家庭の料理と本人用の食事を別々に作ることが負担になる場合があります。その場合は、 家庭のメニューを流用して流動・・・

一人分だけ作る時の調理工夫

闘病中は、様々な原因で思うように食べることが出来にくくなっています。そのため、煮込んだり、刻んだりなどの調理の・・・

嘔吐してしまった時の食事の工夫

嘔吐して1~2時間は、食事は止めて胃腸を落ち着かせましょう。 その後の食事は、「好きな時に」「少しずつ」が基本・・・

油について

食事でとる脂肪には、「見える」油と「見えない」油があります。 「見える油」とは、「炒め油」や「ドレッシング」「・・・

野菜について

野菜は通年を通してほとんどの種類が流通していますが、 旬のものが最も味も良く、栄養成分が詰まっています。 例え・・・

味覚が変化してしまった時の工夫

抗がん剤や放射線治療の副作用で、食べ物の味が感じられなくなったり、苦みが強い、甘みが強すぎると感じるなど、食事・・・

Copyright © 2015 末期がん患者ご家族のための「食事」と「在宅医療」の知識 All Rights Reserve